ごあいさつ(社長挨拶)

ごあいさつ(社長挨拶)

社長挨拶

中央精機株式会社
代表取締役社長

新川雅幸

中央精機株式会社は創業1955年(昭和30年)以来、着実な成長のもとに、精密工業会の一員として独自の業績を築いてまいりました。自社プランドである工作顕微鏡「ツールスコープ」を基として、光学測定機に関する設計・製作・販売に携わり多くのお客様にご愛顧をいただいてまいりました。

1964年には日本光学測定機工業会のメンバーにも加えられております。
特に1967年に開発いたしました“汎用ホログラフイ干渉計"を中心としてオプテイカルユニット群は各大学をはじめ、わが国のほとんどの研究機関で活用されております。これらのお得意先は私どもの宝であり、さらに新しい時代の要請に応えるべく新製品の開発に努力を重ねております。

精密自動ステージユニットはその要請のなかから成長した製品の一つであり、高精度・高剛性・高耐荷重を目指し当社独自の案内方式「HG-VCR」を組み込んだハイグレードステージ(自動、手動)としてご好評をいただいております。そして実用性に徹し、使いやすい品揃えも充実させ、わが国のエンジニアのみならず世界各国の技術者の期待に応えんとするものであります。

2015年、創業60周年を迎える年に発行する総合カタログ39では、“調整後動かないステージ"として他社にはないフィックスステージに新ラインアップを加えX/XY/Z昇降/回転/傾斜/二軸傾斜の6軸構成まで対応できるようになりました。中小企業優秀新技術・新製品賞を受賞した、直線運動の誤差成分4つを同時測定できるレーザーを利用した真直度測定機「ストレーター」は測定距離を5倍に拡大し工作機械・検査装置のメーカ一様の要望に応える本格的な測定機に生まれ変わりました。オートフォーカス顕微鏡(広視野タイプ)は大型のカメラ撮像面に対応することでマクロからミクロまで幅広い倍率に対応するオートフォーカスシステムとして圏内・海外を問わず業界をリードしています。

企業理念を「Science Spirits」「lndependence Spirits」としてその理念にもとづき着身と遂行しております。今後も更に英知をあつめ皆様のご期待に沿える企業として努力、遁進いたす所存であります。皆様のご指導・お引立てをお願い申し上げます。
page top