規格・その他

HG-VCR方式

V-CR方式の更なる性能向上を目指し開発された、当社独自の案内方式です。
名称を「HG-VCR」といいます。
ローラ同士の配列の間隔も極限まで狭くし、配列数を増やして、リテーナで保持しています。高い予圧がかけられ、コンパクトで超高剛性です。
当社の新しい自動ステージ、手動ステージに採用され、各種センサ、カメラなどの精密位置決めの他、各種生産機械、検査装置における精密な位置決め、測定などに対応可能です。
また剛性があるため、ある程度の偏荷重のかかる用途においても、安心してご利用いただけます。

この「HG-VCR」は特許を申請しています。
特願2006-070036号

複合カップリング機構

複合カップリング機構の特長
「複合カップリング機構」の駆動は送りねじと特殊な連結部品を採用しているので、従来技術に対し次のような特長があります。

●ウォームギヤ方式に比べ高分解能です。
●特殊な連結部品の自由な動きにより、回転ムラを吸収します。
●駆動トルクが小さいので、滑らかな動きが実現できます。
●ウォームギヤより摺動面が多くできるので、耐久性を向上できます。
●ばねを使用しないので、確実な送りが実現できます。
●送りねじのリードを変更することにより分解能や移動速度の変更が可能です。
位置決め誤差について
直線軌道を円弧軌道に変換しているため、送りねじの移動量と実際に動く傾斜部分との間にタンジェントカーブに沿った角度誤差と送りねじと傾斜部分の距離にサインカーブに沿った角度誤差が存在します。しかし、現実には移動量±3°以内での位置決め誤差は微小で、移動量±5°以内でもウォームギヤ方式の位置決めより少なくなります。また、補正を行うことによって高い位置決め精度を実現することも可能となります。
上記の値は次の計算式で求められます。
  ・送りねじと傾斜部分の距離での位置決め誤差(nは送りねじの移動量)
     位置決め誤差=sin-1(1㎜/100㎜) × n-sin-1(n/100㎜)
  ・移動量と実際に動く傾斜部分での位置決め誤差(nは送りねじの移動量)
     位置決め誤差=tan-1(1mm/100mm) × n-tan-1(n/100mm)
特許について
この「複合カップリング機構」は「テーブル姿勢調整装置 特許第3848304号」として特許登録されました。

傾斜ステージのV-B方式ガイドレール

傾斜ステージでは直動のX、X・Y、Z、Vステージなどと違いガイドレールが弧を描いています。このため、直動と同じ構造のガイドレールを使用するとV溝と鋼球にずれが生じ、ストレスがかかります。
このことは耐久性の低下を招くのはもちろん、リテーナ(鋼球とそれを挟み込んでいる板のアセンブリ)がずれて機能しなくなってしまいます。
これらを解消するために当社ではまったく新しい発想の新型ガイドレールを開発しました。
MMステージの傾斜ステージ全機種に採用されたこのガイドレールは、鋼球が接触する4点を、弧の内側と外側で軌道距離の修正をし、耐久性の低下を防ぎリテーナのずれを大幅に減少させています。

このガイドレールは特許をいただいています。
特許第2762055号

フィックスステージ

フィックスステージは調整後動かないステージです。
調整後動かない…とは。
・フィックスステージはステージの移動に六角レンチを使用します。
・ステージ面をつかんでゆすっても、ステージはほとんど動きません。
 クランプをしなくとも動かないのです。
 
ステージにピックテスターを当て、ステージの動きが確認できるように設置します。
六角レンチでステージを動かしました。 ピックテスターの目盛が動いていることがわかります。
その後ステージ面をつかみ、強くゆすっても、ピックテスターの目盛は動きません。
このような経験はありませんか?
センサなどの位置調整に時間をかけ、慎重に位置合わせを行い、テスト運転も合格。
最後にクランプをして終了…。
のはずが、クランプしてしまったらセンサがわずかに動き、再度位置調整が必要に。

調整後クランプをしなくても動かないようにならないものか…。
フィックスステージはこのような発想から生まれました。
フィックスステージの特長
自然ロック式によりバックラッシを防止しています。
特殊な構造の直動ガイドを内蔵しているため異物混入がありません。
位置調整に必要な機能のみを盛り込み、低価格です。
位置調整が必要なワークより、むしろカメラやセンサなど、位置調整後に移動させたくないワークに最適です。

この製品は特許を取得したステージ機構で製造しています。
特許取得済み


使用例
page top