顕微鏡/投影器/照明装置 関連

顕微鏡/投影器/照明装置 関連

照明装置の種類

1. LEDを使用する製品
(TS-IL-A3、TS-IL-A5、TS-IL-A3E、TS-IL-A5E、TS-IL-B3A、C-151L、SPL-100A)
LEDはタングステンランプやハロゲンランプに比べて長寿命・低発熱・低消費電力です。
LEDで直接照明するもの、ライトガイドを使用する照明光源があります。
2. ライトガイドを使用した製品
(LGG-1000SF)
光ファイバを利用したライトガイドには金属フレキシブルチューブ製で引き回しが容易です。
3. ライトガイドを保持する製品
(LGH-1、LGH-2)
LGG型番のライトガイドを保持し、照明位置を固定する製品です。
ユニバーサルアームを使用していますので、位置・方向を自由に動かし固定することができます。 スポット光の度合いにより4製品あります。

照明装置の選択

1. 試料から照明装置(熱源)を離したい
熱源となる照明装置本体を試料から離すためにライトガイド式を選びます。
レンズ等で集光して直接照明に利用する方法も距離を遠くすれば効果がありますが、照明装置の位置や自由度に制約を受けると利用するのが難しくなります。
試料をどのように観察するか:
試料を真上から観察するときに、内蔵照明でなければ真上から照明できません。真上以外から照明するには、観察する顕微鏡などの光学機器に取り付けるか、周囲から照明する斜光照明やリング照明を使用します。
2. 照明装置の使用時に必要なもの
サポータ:
照明装置、またはライトガイドを保持固定するものが必要です。
ユニバーサルアーム式のホルダを利用すると位置・方向を自由に動かし固定することができます。
インターロック式のライトガイドであれば、そのまま固定することもできますが照明位置が安定しないと十分に観察できない場合があります。
3. LED照明装置
LED照明装置 SPL-100Aを使用して金属フレキシブルチューブ製で引き回しが容易なライトガイドを使用することができます。


[▼ LED照明装置]
SPL-100A
リモートでのON/OFF、異常検知機能を持ったLED光源の照明装置です。
[▼ フレキシブルチューブ式ライトガイド]
LGG-1000SF
引き回しの楽なフレキシブルチューブ式のライトガイドです。全長1000㎜。固定にはライトガイドホルダが便利です。
 
page top